公設学童クラブの検証で疑問視。中央こども園の整備費など資料提出して再審査に

 今日は都市整備常任委員会と教育福祉常任委員会が開かれました。こども育成部の審査では、2年前に逸見小学校に開設された公設学童クラブで1,234万円の運営事業費が計上されているのですが、公設クラブは、民間のクラブ利用料が他市に比べて高額なことから低廉化に向けた評価・検討する目的も有しており、それに関しての質疑が行われました。
 昨年12月の議会で1年間の検証結果が報告されたのですが、その内容は利用者アンケートの結果程度で、検証には程遠いものであったことから厳しく指摘されました。その後、代表質問の中で、今年6月に改めて検証結果を報告するとの市長答弁があったのですが、今日の答弁では「具体的な検討項目は、これから検討する。比較をするための民間事業者への調査はこれから行う」とのことでした。
 委員会では「この検証は、市全体の放課後児童健全育成事業をどうしていくのか、という大きな意味合いがある。あと2か月あまりしかなく、それで調査をして、分析、検証までできるのか」と疑問が投げかけられました。
 つまり、12月以降、何もしていなかったということです。果たして、6月に報告されるのか、どのような結果が出されるのでしょうか。

 そして、最後には異例なことが起こりました。青木哲正議員が職員厚生会館をリノベーションしてつくられる(仮称)中央こども園の整備費、併設される病児・病後児保育施設、ファミリーサポートセンター、愛らんど、一時預かり保育施設について、金額の明確な説明を求めたのですが、部長は「至急、資料を作って全体像を示したい」と応ずることができませんでした。
 説明資料では、中央こども園として整備・開設準備に2年間の継続費で約8億円とされています。当初は改修で概算5億円と説明されていましたが、大きく異なっています。委員会としては、教育委員会の審査の後に資料を提出してもらい、再度審査をすることになりました。

玄関先の花2.JPG
 玄関の植木鉢に咲いている花。しばらく前に植えた花で、名前は分かりませんが、大きく育ちました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント