本市で、1週間で29人の感染者

 本市では、一昨日、昨日と、続いて新たな感染者が5名確認され、今日は7名となりました。この1週間で29名であり、家庭内や職場での感染がめだってきていますが、やはり、感染経路が不明の方も多く、本市にとっては、これまでにない厳しい状況になりつつあるといえます。
 振り返ってみると、本市で最初の感染者が確認されたのは、3月15日でした。全国の小中高校の臨時休校が発表されたのが2月27日でした。多くの学校は昨日まで通常の授業が行われ、巷ではさほどの緊張感はありません。しかし、3月時点と比較すれば、はるかに多くの感染者があり、明らかに感染は拡大しています。
 本市においても、3月初めには市施設の休止が始まっていました。しかし、今は、ほとんどの施設が通常どおりに開いています。感染防止対策が施されて、状況が違うというのかもしれません。
 国は、「Go To トラベル」に固執して緊急事態宣言の発令を避けていますが、実におかしな話で、責任を放棄してしまったかのようです。しかしながら、自治体も、ウィズ・コロナで現状を良しとしたままでいいのでしょうか。「慣れ」ほど怖いものはないと思います。

アブラゼミ.JPG
 今年初めて見たアブラゼミ

"本市で、1週間で29人の感染者" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント